目の病気とレーシックの関係は?

学生の頃は、結構な頻度で包茎の話題を耳にしました。

自分がダイレクトにしゃべらなくても、何気にそのキーワードは

出現していたように思います。

全員包茎治療が必要だとか、包茎手術をする人が多いなんて

ウソかデマかわからないものまで色々でした。

 

でも社会人になって、大人になってからは、自分では時々

気にすることもありましたが、包茎が話題になることはほとんどなかったと

思います。

 

それって、まあそれが大人のマナーなのかもしれませんし、

その話題を楽しそうにしているのは子供だけということなのかもしれません。

 

それはそれで間違いではないのですが、じゃあ包茎治療包茎手術のことは

知らなくてもいいか?と言えば、むしろ知っておいた方がいいことだと

思います。

 

性的な満足的な面は置いときますが、衛生面や悩み解消という面で言えば、

かなり大事な情報だと思います。

 

学生などの頃は、半分冗談な情報、大人になったら、なんか性的な要素の情報、

これしかないのは、どうもよろしくないですよね。

もう少し大事な話として、どうにかならないですかねえ。

私の友人で年中、春も夏も、雨の日も雪の日も熊本市 歯科へ通っている女性がいる。

とはいっても、ホワイトニングや 歯石とり メンテナンスではなくもっぱら虫歯だ。

「歯質が弱いんです」

という彼女だが、その手には常にチョコレートが。彼女は無類のチョコレート好きなのだ。

確かに、歯の強い家系というのはあって 多少歯磨きをさぼろうが 甘いもの好きであろうが虫歯にならないのだ。

そういう歯は、歯科ちょっと黄色身がかっている。

見た目はいまいちだが、弱い歯でぼろぼろになるよりかはいい。

前述の彼女の場合には加えて、食生活に問題があるといわざる終えないだろう。

出っ歯で歯科つらいこと。

意外と正面より、横顔が気になります。

カラスのような口元が、より感じられるからです。

加えてスキッ歯があるので、隠しても育ちが貧乏だということが透けてみえるよう。

子供には不自由な思い、させたくないですよね。

でも出っ歯でいいことがありました。

コンプレックスの口元を無意識に隠すしぐさが 上品と受け取られ結婚が決まったことです。

 

インプラント周囲炎という言葉をご存知でしょうか。

インプラント先進国スウェーデンで出てきた言葉です。

スウェーデンでは インプラントは保険が利くので大変流通しています。

その多くの患者さんのなかで札幌市中央区 歯科 インプラント周囲炎が発症しているということです。

では 日本でこれだけインプラントがブームとなっているのに 日本にはインプラント周囲炎の人がいないのでしょうか。

いえ、います。

ただ 施術した歯科で処置をしており 表面化することが少ないために 今はまだ問題視されていないのです。

インプラントを入れる際にはそういったリスクも承知で受けるよう誓約書を書くので 泣き寝入りしていることもあるのでしょう。

「インプラント周囲炎」と聞くと 歯科例えば 歯槽膿漏のように歯茎が赤く炎症するのだろうな という感じですが ひどくなると骨が溶けてしまうというからおだやかではありませんね。

なおかつ一旦インプラント周囲炎に罹るとインプラントを抜いても、周囲の炎症部位を切除しても骨の溶解が止まらないのだとか。

これは大変です。

歯科を探すのに、めんどくさがりが一番よくありません。

 

津市 歯科選びは、基本的には口コミがなんぼでしょう。

 

何人かにリサーチを取って、間違いのない選択をしましょう。

 

歯は抜いたり、削ったりしたら もう2度と戻りません。

 

歯の詰め物の高さがほんの少し違っただけで、肩こりが起きたり、

偏頭痛が起きたりすることもあるのです。

 

特に、歯科での歯列矯正などは金額も高く、

全身への影響も大きい、期間も長いので、何軒か廻ることが大切です。

 

歯列矯正に関しては口コミは、あまり期待できないでしょう。

 

歯の状態は人それぞれであり、

Aさんに良かった歯科が必ずしもBさんにもいいとは限らないのです。

 

やはり、最近ではHPを見て決めることになるのですが、

最終的には実際に足を運んで院長の人となりで決めるのがいいです。

 

あまり、目先の費用にばかりとらわれていると

結果的に(やり直したりして)高くつくこともありますよ。

 

やはり、自分の第6感というのか、直感で選ぶと後悔が少ない気がします。

 

歯科で乳歯が全滅している子供をたまにみます。

 

歯科で乳歯が1本虫歯になると、

あれよあれよと言う間に一気に全滅してしまうこともあるようです。

 

そういうお子さんはやっぱりお母さんがルーズというか

たとえばスナック菓子でも1袋与えており、のべつまくなしお菓子を与え、

ジュースを飲ませています。

 

新潟市 歯医者で私の見る限り歯質は本当に大事で、

歯磨きをどんなにきちんとしても 生まれつきの歯質によってはすぐ虫歯になってしまいます。

 

しかし、「うちは歯が弱いから」という言い訳をするお母さんに限って、

お菓子がすきな人が多いです。

 

チョコレートをご飯代わりに食べる若い女の子

(ダイエットも兼ねてでしょうか)もしょっちゅう虫歯ができると嘆いていました。

 

ご飯を食べずにたとえ体重が減ったとしても

虫歯だらけでは美しくなれないと思います。

 

子供さんの食生活もだらだら食いをやめることが大切です。

 

私はけっこうめんどくさがりなので

そんなに子供の歯もきっちり磨いてやりませんでした。

 

でも、二人の子供に虫歯はなくて、高学年ともなると虫歯のないのは

一人か二人で表彰されたほどです。

ドライアイとは涙液の減少などによって眼の表面に障害を生じる疾患を言います。

 

ドライアイで眼の表面が乾燥すると、角膜が傷つきやすくなり、重度の場合には、角膜の損傷によって視力低下や眼球全体が感染してしまう場合もあります。

 

先ほど、合併症のところでも紹介しましたが、レーシックを受けたことによってドライアイになったり、以前からドライアイがある人は症状が悪化してしまうことがあります。

 

近年、パソコンの長時間使用、コンタクトの着用などにより目が乾いてドライアイになったり、花粉症などのアレルギーによりドライアイになる方も増えてきています。

 

目の疲れ、ストレスはドライアイの原因にもなりますので、目の清潔とリラックスを心掛けて快適な生活を手に入れましょう。

レーシックの手術を受けたことにより報告されている合併症で主なものとして下記のようなものがあります。

 

・ハロ・グレア現象:ハロ現象とは、明るい光の周りにぼんやりとモヤがかかっているように見える症状で、グレア現象とは、明るい光がまぶしく見える症状を言います。手術直後から約半数の人がこれらの症状を訴えるようですが、通常は時間の経過とともに改善し、約半年〜1年で消失されます。

 

・ドライアイ:手術後には、感染予防や炎症を抑える為の点眼が必要になり、その影響からか術後の2〜3ヶ月は涙の分泌が減少すると言われています。その為、ドライアイの症状を訴える場合が多く、その後も涙の分泌が快復されずにドライアイになってしまうことがあります。

 

・感染症:角膜の上皮が完全に癒着し快復するまでの間に細菌が侵入し、感染症を起こす場合があります。術後のケアを怠らなければ殆どの場合起こらないようですが、万が一起こって眼球が白濁しても早期治療により直すことが可能です。

 

・近視への戻り:手術によって、一時的に視力の回復が見られても、近視の戻りが起こる場合があります。症状が酷い場合、角膜の状態によっては再手術を行うことも可能です。

 

・角膜上皮迷入:フラップの下に角膜上皮が挟まることで起こる合併症です。その状態で角膜上皮の繁殖(治癒再生)が進む場合があり、その場合にはフラップをめくり、入り込んだ皮を取り除く再手術が必要になります。

 

・層間角膜炎:フラップと角膜実質層の間で炎症が起こるもので、手術後1日から1週間で発症します。点眼や内服の治療で治る場合が多いものの、悪化した場合には、フラップ下の洗浄が必要となります。

 

全ての人にこのような症状が出るわけではありませんが、術後で気になるところがあれば、その都度病院で相談しておきましょう。

レーシックは、手術による視力回復法である為、利用者の状態によっては手術を受けることが出来ません。

 

手術を受けることが出来ない主な理由としては、感染症になる危険性が高い場合や、レーシックによる効果が低い場合や期待出来ない場合などです。

 

その為、手術の前には入念な検査を行い、手術に適合するかどうかをチェックします。

 

・円錐角膜、アレルギー性結膜炎、強度のドライアイの場合

 

・角膜に疾患や異常がある場合

 

・白内障・緑内障・網膜はく離など、眼の病気がある場合

 

上記のような目の病気がある場合には、目に傷をつけたことによって、以前からある病気が悪化する可能性もあるため、手術をうけることは出来ません。

 

詳しいことはお医者さんに相談してみましょう。

レーシックは、他の近視矯正法と比べて、メリットが多数ある視力矯正法ですが、同時にデメリットが存在するのも事実です。

 

そこには人の手による手術という性質上角膜にキズを付けることになってしまいます。

 

そのため、確率的に非常に低いと言われていますが、手術によるリスクというのも伴っています。

 

特に執刀医の技術による手術の精度は、非常に重要になってきます。

 

レーシックは“角膜を削る手術”を行うため、手術後の経過や完治後の状態が担当した執刀医の技量に左右されてしまいます。

 

また、手術を行った後に元に戻すことは出来ませんし、再手術が必要な場合でも、角膜に必要な厚さが残っていなければ、再手術を行うことも出来ません。

 

手術を決心した際には、執刀医の実績などから、腕の良い医師、信頼できる医師を探しましょう。

レーシックは、角膜の手術により視力の回復を図るもので、日本では、2000年に厚生省の認可がおりて安全性が確認されると共に急速に広がった方法です。

 

術中・術後の痛みがほとんど無い、手術時間が短い、術後の回復が早い、など第三の視力矯正法として認知され、コンタクトやメガネにはないメリットが多くあります。

 

また、レーシックの手術を受けたことで、裸眼での生活が行えるようになり、人によって様々なメリットが生まれます。

 

例えば、メガネやコンタクトのケアをする必要がなくなった、眼精疲労や肩こりの軽減、コンタクトレンズによる眼病や充血などの心配が無い、など日常生活を送る上でプラスになることは多いと思います。

 

しかし、次でも紹介しますが、もちろん角膜を削るという手術の性質上、目に傷がついたり、合併症を起こすといったデメリットも存在することを忘れてはいけません。

最新ニュース

  • Yahoo!ショッピング…買い物、オークションのネットマーケット
  • Yahoo!…日本最大のポータルサイト
  • Yahoo!ニュース…最新の話題、ニュース速報
  • 銀座スキンクリニック
  • 美容皮膚科
  • 脱毛ラボ

  •  
    HOME レーシックのメリット レーシックのデメリット 目の病気がある場合 合併症について ドライアイにご注意を