目の病気とレーシックの関係は?

レーシックのメリット

レーシックは、角膜の手術により視力の回復を図るもので、日本では、2000年に厚生省の認可がおりて安全性が確認されると共に急速に広がった方法です。

 

術中・術後の痛みがほとんど無い、手術時間が短い、術後の回復が早い、など第三の視力矯正法として認知され、コンタクトやメガネにはないメリットが多くあります。

 

また、レーシックの手術を受けたことで、裸眼での生活が行えるようになり、人によって様々なメリットが生まれます。

 

例えば、メガネやコンタクトのケアをする必要がなくなった、眼精疲労や肩こりの軽減、コンタクトレンズによる眼病や充血などの心配が無い、など日常生活を送る上でプラスになることは多いと思います。

 

しかし、次でも紹介しますが、もちろん角膜を削るという手術の性質上、目に傷がついたり、合併症を起こすといったデメリットも存在することを忘れてはいけません。

  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • ウィペット

  •  
    HOME レーシックのメリット レーシックのデメリット 目の病気がある場合 合併症について ドライアイにご注意を