目の病気とレーシックの関係は?

レーシックのデメリット

レーシックは、他の近視矯正法と比べて、メリットが多数ある視力矯正法ですが、同時にデメリットが存在するのも事実です。

 

そこには人の手による手術という性質上角膜にキズを付けることになってしまいます。

 

そのため、確率的に非常に低いと言われていますが、手術によるリスクというのも伴っています。

 

特に執刀医の技術による手術の精度は、非常に重要になってきます。

 

レーシックは“角膜を削る手術”を行うため、手術後の経過や完治後の状態が担当した執刀医の技量に左右されてしまいます。

 

また、手術を行った後に元に戻すことは出来ませんし、再手術が必要な場合でも、角膜に必要な厚さが残っていなければ、再手術を行うことも出来ません。

 

手術を決心した際には、執刀医の実績などから、腕の良い医師、信頼できる医師を探しましょう。

  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • No Match Data!


     
    HOME レーシックのメリット レーシックのデメリット 目の病気がある場合 合併症について ドライアイにご注意を